PC修理屋エイサイドの本音とボヤキ・・・

パソコン修理屋の本音とボヤキを赤裸々に綴っていきます・・・

パソコンの買い替え時は、およそ5年らしい・・・・・激しく同感です。

こんばんは。

エイサイドです。最近はサボらずブログ書いてますw

 

ネット情報で申し訳ないんですが、パソコンの買い替え時は、およそ5年らしいです。

私もこれには激しく同意します。

 

5年も使えば色々な所が弱ってきますので、5年前後使用したパソコンは買い替えをお勧めします・・・が、最近当店の地区ではSSDが流行っているらしく何年も前のパソコンにSSDを突っ込み、新品以上の速度が出てお客さん大満足らしい。

 

このネタからは離れよう(哀

 

5年前後使うと、電源ユニットやマザーボードの電圧は怪しいです。コンデンサーの蓄電能力が落ち始めて、寒い冬は電源が入らない事も有り(私のメインPCが今この状態・・・買い替えたい、嫁さんの許可が出れば)

 

最悪の場合、動作中にフリーズします。(昨日フリーズした為、自宅のパソコンはその辺に転がっていた600Wを仮付け中)フリーズしてしまうと困るのが、ファイルの破損にメールチェックできない事でしょう。

 

こんな理由からもパソコンは5年前後使用した後は、カスタムや修理では無く、買い替えをお勧めします。

パソコンサポート店なのにSSDの換装ばかりしているんですね?

こんばんは

エイサイドです。

 

パソコンサポート店なのにHDDをSSDに換装したり、OSの再インストールばかり依頼が入るんですねw

 

私の所は、起動できない依頼や、電源が入らない依頼が大半です。

(内HDD交換は約3割です。)

実際問題、一般のお客さんはWindowsが起動できない状態にならなければ、依頼の電話をする事は稀です。(ワザワザ店舗を調べてまでSSD換装に興味が無い方が大多数)

 

少々遅くても、遅いのに慣れていますから、それが普通で有り極端に遅い場合以外は、ほとんどがスルーされています。(エイサイド調べ・・・)

 

パソコンを速くしますっキャンペーンを打った事もありましたが、最近はノートパソコン以外(古いノートはHDDの容量が元々少ない為)はSSDを積極的にお勧めすることはしない事にしています。容量が少なくなり、元あったファイルを外付けHDDに移す必要が有る為、費用効果は少なめです。

 

元あったHDDを外付けHDDにポン付けで移すとライセンス違反になる為、仕事としてはやっちゃダメな事となっています。(某店はライセンス違反に疎いのか、知らないのか、確信犯かは分かりませんが)

 

その為、大量のファイルを一旦当店のファイルサーバーに移し、元HDDをフォーマットして、またファイルを元に戻す作業が必要になります。最近のパソコンは1TBのHDDなんて当たり前になっている為、ファイルサーバーに転送するだけで数時間掛かります。

 

しかも、外付けHDDに保存したファイルはUSB接続になる為読み込みが今までよりも遅くなります。

 

SSD換装で速くなるのは、起動とアプリの起動の2つです。(総てのファイルがSSDに入っていれば全体的に速くなりますが)

 

処理自体はCPUやメモリーに依存する為、SSD換装で受けられる恩恵は極めて軽微です。それも最新のパソコンならは意味は有りますが、windows7の初期のパソコンではSATA2.0が多い為、読み込み速度も3Gbpsで、それ程速くない為、有料での換装は極めてビミョーです。

今更、第1世代のCore iシリーズのカスタムや修理しちゃダメですよ。

えーこんばんは

エイサイドです。

 

今更、第1世代のCore iシリーズのカスタムや修理しちゃダメですよ。

まだまだ、性能は大丈夫なんですが・・・SSD搭載すると速くもなりますが・・・

とにかくやっちゃダメです。そんな業者がいれば最悪です、最悪・・・最近、増えている素人業者です。

 

では、やっちゃダメな理由を書いて行きたいと思います。

 

カスタムや修理をやっちゃダメな理由その①

Nehalem 、Lynnfield世代(ネハレムやリンフィールド)は、CPU、マザーボードが、短命でしたので現状真面なマザーボードが入手困難な為、次に故障した場所がマザーボードだと交換が不可能に近いです。その点はまだLGA775のさらに古いマザーボードの方がマシな状態です。

 

特に一般向けのLGA1156は最悪な状態です。まだLGA1366の方がマシですが、現状では良品のマザーボードは絶望的な状態で在る事には変わりが無く、今更修理やカスタムはお勧めできません。

 

カスタムや修理をやっちゃダメな理由その②

特にLGA1156は、性能的には今のPentiumレベルです。新品のパソコンを購入してもBTO製品なら5万円を切っているのが現状な為、BTOでカスタムして6万円前後でSSDまで搭載が可能です。そんな状況で、カスタムに1.5万円もかけるのは馬鹿げています。

 

カスタムや修理をやっちゃダメな理由その③

その当時のOSはWindows7です。windows7のサポートは2020年ですから、あと3年でサポートが終了予定です。

 

Windows10にアップグレードして有ればまだ良いですが、無償アップグレードは機器構成が変更になると基本的には、再インストールできませんので

 

新規でOSを購入する事となりますが、マザーボードが入手困難な為、一部でも故障すると、パソコンの買い替えをする可能性が高くなる為

 

どうせ買い替えるのなら、修理やカスタムせず、使い切り少しでも性能の高いパソコンを次回購入することをお勧めします。

ネット〇事なる記事を見てみましたが・・・結構いい加減な事が書かれています。続き

こんばんは

エイサイドです。

 

昨日の続きです。

 

電源ユニットの故障・・・

起動後すぐに電源がきれてしまう。

この症状は・・・マザーボードが濃厚なはずなんですが・・・電源ユニットの可能性が無い訳では無いですが・・・起動しているって事は起動に必要な電力は確保できている為、起動後すぐに切れるのは稀です。

 

ゲーム等を起動してフル負荷をを掛けると落ちるなら電源ユニットやグラボが濃厚。グラボの場合は熱暴走が濃厚ですが・・・

 

電源が勝手に切れて再起動を繰り返す・・・

これはWindowsの設定の問題でしょう。ブルースクリーンの後に再起動の設定になっていると思われます。したがって正常動作です。パーツの故障が有るかは不明ですが、Windowsとしては正常に働いている証拠です。

 

対処法として紹介されているのも問題が多数・・・

電源ユニットのコンデンサが劣化していないかを確認する・・・正気か?

電源を取り外し、内部を確認・・・素人には無理です。膨らんでいるとは限らない上にテスターが無ければ確認の方法がないです。

 

パソコンの内部の温度を確認する・・・

パソコンの内部の温度はソフトで確認できる・・・できません。各パーツの温度は確認が出来ることが多いですが、CPUやグラボ、マザーボードの温度を測っても、正常な温度が解らなければ意味は無い。

 

しかも、電源のFANが故障しているとパソコンの内部温度が上がるって当たり前ですが、FANが停止しているのか、動いているのかは目視で解る為、温度を測る必要はナシ。

 

サウンドカードの故障・・・

音が出なくなる以上終了・・・・

 

 

 

 

って訳にもいかないので、なんとなく説明を・・・

最近のパソコンの殆どが、オンボード音源を使用している為、ここが故障すると漏れなくマザーボード交換です。

 

音にノイズが混じる・・・

サウンドカードよりもスピーカーの可能性の方が高いです。

 

対処法・・・

他のパソコンにカードを挿してみる・・・これが出来る人は、まずこのページを見ていません・・・

 

HDDの故障・・・

これに関しては、大体正解なんですが、対処法が???

SMARTの情報を確認する・・・まあ確認は良いですが、HDDは稼働時間で寿命が来ることは稀です。時間に係わらずのぶっ壊れっぷりです。

温度に関しても、ほぼ関係が無さそうです。

www.aside-net.biz

通常使用では有り得ない温度でなければ問題が無さそうです。エイサイドがテスト(実験)したHDDは74℃で故障しましたが、通常使用でHDDが70℃を超えるなんて事はまず有り得ません。(私はドライヤーで温めました。)

 

以上

ネット〇事なる記事にツッコミを入れておきます。

一体型パソコンを開梱??? 使用済みのパソコンは梱包されていませんよ・・・

こんにちは

エイサイドです。

 

一体型パソコンのメモリーを増設するのにパソコンを開梱する必要が有りますので手間取りました・・・なんてツイートを発見・・・

 

使用済みのパソコンは梱包せれていませんよ。

 

日本語を理解しよう・・・

 

読んで見ると、背面のパネル?を外す必要が有り苦労しましたって事の様ですが、パソコンの背面を開けるだけで苦労だと感じる方はパソコンの修理なんてやっちゃダメです。

 

サーバーやゲーミングパソコンなんて、ケースを開けたら、接続ケーブルがギッシリ詰まっている事なんてザラにありますので・・・悪い事は言わないのでやめた方がいい。

 

えー肝心の作業ですが、30分で終了・・・って

おい

テストは?

 

4GBテストしたら、最低でも1時間は掛からんか・・・

認識していてもエラーを吐きまくるパーツ交換したならば最低でも2~3時間程度はテストした方が良いんではないですか?

 

それとも知識不足でよくわからんのですか?

サイトを確認すると・・・パソコン専門エンジニアって特殊な仕事をしている模様。

技術者ならば、メモリーのテストが如何に大切か分かっている様なものなんですが、何だか解っていらっしゃらないご様子です。

 

怖すぎる

モリーの様に製品としては故障していなくても相性等で、エラーを吐くパーツのテストを真面にしないなんて、一歩間違えば廃業の危機です。

 

エイサイドでは最低限3時間程度はチェックしています。

しかも、1週間後に電話で連絡して不都合が無いかどうかの確認する事にしています。当店はパーツの保証が有りますので、最低限の確認は当然と考えます。

なんとなくCPUを選ぶと大変なことになりますよ。

こんばんは。

エイサイドです。

 

えー久しぶりに修理系?の話をしていきたいと思います。

パソコンを選ぶ基準にCPUを加えると修理の時にとんでもない事になる件をお話していきたいと思います。

 

ただ意味も無く高性能なCPUを選ぶと修理代金が跳ね上がる件について・・・

ノートパソコンは、どれを選んでも汎用パーツ以外は高額になりやすい為除外しますが、BTO品の場合はCPUが最高性能のi7辺りを選ぶと、とんでもないクーラーや電源ユニットが付いている事が多い為修理代金が跳ね上がります。

 

もちろんゲーム目的やAdobe製品の為に自身が選んだ結果ならば何でもアリですが。私も業務用のパソコンは、自分で組み立てた、とんでもない製品を使っていることが多いです。

 

しかし、なんとなく高性能なCPUの方が速い気がするのでってな理由ならばやめた方が無難です。

 

性能を持て余した上に、修理代金が高額では目も当てられません。パソコンなんかは道具ですから、自分のしたい事が出来る最低限を購入しておけばOKです。

 

最近のパソコンは、汎用部品以外が故障すれば高額修理が確定するような機種が多い為汎用部品以外が故障すれば、買い替えを視野に修理見積もりを取ることをお勧めします。

 

また、Office製品に関しても、家庭で使用するのなら互換のフリーソフトで十分です。WordはともかくExcelはまず使用しないでしょう。家計簿をつけたければ家計簿ソフトを購入した方が安く済みます。

 

エイサイドがお勧めするのは、基本的に一般的な家庭で在ればCeleron搭載のセパレートタイプのパソコンです。マザーボード以外のパーツが安いパーツで構成されている事が多く。

 

しかも、2コアある製品の為(最近の物は)、インターネットで動画を見たりする分には十分な性能が有りますし、CPUクーラーも安い物で十分に冷える為、熱に対する耐性も比較的高め(元々発熱しにくい)その為、夏場の熱暴走も比較的少ないです。

 

しかも、体感ではi7と比べてもインターネットレベルで在れば、大差無しです。

 

 

メモリーの最大容量が4GBって、今更アリですか?

こんにちは。

エイサイドです。

 

モリーが安くなって暫く経ちますが、今更最大容量が4GBってアリですか?

 

私は、ナシだと思います。真面な業者で在ればまずお勧めはしないと思ってください。パソコンの事をあまり知らない業者は安いので勧めてきます。

 

真面な業者が勧めない理由は・・・

ノートパソコンや一体型パソコンは、メモリーを増やすか、HDDをSSDに変更するぐらいしか、カスタム出来る所が有りませんので、長く使えません。

 

Windowsは何故か、使う時間が長い程システム系ファイルが肥大する傾向が有ります。

システム系のファイルが肥大化すると、起動時の読み込み時間も長くなり、起動が遅くなります。

 

この起動時間を速くする為には、HDDをSSDに変更して読み書きの時間を短縮しCPU、SSDの間のメモリーを増やし、ボルトネックを解消してやる必要があるわけですが、メモリーの最大容量が4GBでは、足りないわけです。

 

足りない理由は、

メインメモリーとグラフィックメモリーが共用で有る為、グラフィックに1GB程度(たぶん初期設定では128MBかあっても512MB)、Windowsの起動に1GB程度使われてしまうと残りが2GB。

 

これでは真面にソフトが複数は動くはずは無く、フリーズしなければラッキーです。