読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PC修理屋エイサイドの本音とボヤキ・・・

パソコン修理屋の本音とボヤキを赤裸々に綴っていきます・・・

HDDの不良セクターを直す???

修理のボヤキ

こんばんは。

エイサイドです。

 

HDDの不良セクターは直しても、どんどん悪化の一途を辿り最終的にはOS起動不能になるとの記事を発見しましたので、取り上げます。

 

えーと・・・

もしかして不良セクターの代替え処理をしても最終的にOS起動できないって事でしょうか・・・

 

根本的に不良セクターは物理障害と論理障害に分かれている為、論理障害で在れば通常のフォーマットで回復が出来ることが多いです。

逆に物理障害は、修正不能です。物理的に飛んでいる状態ですから、ソフト的には修正が出来ません。(OS上からは見えなくして治ったように見せかけるだけです。)

 

どんどん悪化の一途を辿るのであれば物理障害かもしれませんが、代替セクタが発生していれば故障カ所はOS上では2度とアクセスしない為修正出来たと言って良いかもしれませんが・・・

 

代替えセクタが発生した段階で、HDDを交換する為(普通は)最終的にも何も無い気がしますが、HDDをケチっているんでしょうか?

 

お客様のHDDであれば尚更、交換をしていると考えますが他社は違うんでしょうか?

HDD代金をケチって最終的にはもっと高い金額を支払ってもらう事をしているんでしょうかね?

 

当店では基本的に代替セクタが発生したHDDは交換とさせて頂いています。そんなに遠くない時期に完全にHDDが飛ぶくらいなら初めからHDDを換えた方が幸せです。

 

データバックアップ後HDDを交換して、故障しているHDDはフォーマットしてみてフォーマット後にSMARTの情報をみてエラーが有れば廃棄。(時間が掛かるため出来ない事も有りますが・・・)

無ければ、交換後のHDDにデータを戻してお客さんのパソコンに搭載して返却が基本です。

 

基本的には修正だけでお客さんに返却は有り得ないです。すぐにトラブルが発生してしまい、信用問題になりますので。

 

以上エイサイドの考え方でした。