PC修理屋エイサイドの本音とボヤキ・・・

パソコン修理屋の本音とボヤキを赤裸々に綴っていきます・・・

修理金額の上限を設けないのはマズいのか・・・

こんばんは

エイサイドです。

 

早速ではありますが・・・修理パーツ代金に上限を設けないのはマズい事なのか・・・

とある、まとめサイト?に修理パーツ金額に上限が無い為、論外なんて事が書いてありましたので、Blogにしてみました。

 

メールで症状が送られて来て、見積もり依頼・・・まあ此処まではよくある話で問題なしなんですが、パーツ代金か○○円~って表記は、果たしてマズいのか・・・私はマズくないと考えますが、この方は論外らしい。

 

専門業者で在れば、スグに価格を把握して、金額を出すべきだっ

 

って言いたい訳なんでしょうが・・・

 

出来るかっ

 

パーツ代金は、流動性が高く為替レートによって金額が上下します。その為、在庫部品以外は、問屋に見積もり依頼が当たり前です。○○円~××円って書き方をして、仕入れ金額が××円を超えたら、店側が負担することになります。

 

なので○○円~って書き方しかできない場合が有るのは仕方がない訳です。月を跨ぐと仕入れ価格が変更される為で、ボッタクリをする為ではないです。

 

もちろん、ボッタクリや直したふりで話になりませんが、大手さん以外は悪評=廃業ですから余程のアホ以外はこんな事をする業者はいませんし、新品パーツで修理した場合は、最低限の保証が付くはずです。

 

それにパーツ代金に関して言うと、余程大きなロット単位で仕入れしない限り、利益は有っても数百円単位しかありませんので、リスクを冒してまでボッタクる事は無いでしょう。